車売る 修理

売却する車は修理する?しない?

新車のうちは、汚れ一つ付かないように慎重に乗っていたはずですが、ある程度乗っている内にだんだん気にしなくなっていくもの。次第に汚れだけでなく、小さなキズもそれほど気にならなくなっていきますが・・・。

 

 

売却しようと思ったあなたのクルマにキズや塗装の剥げ、凹みなど、査定の際にマイナスポイントになりそうな部分が見つかったとします。さて修理工場に持ち込んで修理してもらうことは得でしょうか?損でしょうか?

 

答えは原則として損です。というのは、キズによるマイナスの影響より修理にかかる費用の方が高く付くため。キズ自体は確かにマイナス査定になりますが、買取業者は自前の工場を持っていたり提携の自動車工場があり、自分のところで安く修理することが可能。そこにマージンは発生しません。一方であなたが修理工場に持ち込んだ場合はその修理工場がマージンを取ります。つまりトータルでみて修理工場が儲かった分、あなたが損をしていることになります。

 

さらにはキズのマイナス額と修理してアップする額が同額とは限りません。図では同じくらいに書きましたが、もしかすると修理工の腕がイマイチで修理した跡が見て取れるような場合は査定額が標準まで戻らない可能性もあります。そうするとマージンの払い損どころではありませんね。

 

ということで売却を決めたクルマは修理に出さずに、そのまま査定を受けるのが正しいです。査定時には、キズの存在を伝えて正しい評価をしてもらいましょう。